So-net無料ブログ作成

<朝鮮総連>議長ら再任 朝鮮学校への高校無償化適用求める(毎日新聞)

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の第22回全体大会が22、23日、東京都北区の東京朝鮮文化会館で開かれた。徐萬述(ソ・マンスル)議長(83)、許宗萬(ホ・ジョンマン)責任副議長(75)を再任するとともに、今後の活動方針を採択して閉会した。

 北朝鮮が12年に「強盛大国の大門を開く」ことを目標にしていることから、総連も同年に「新たな全盛期」を切り開くため、若い世代を育成し組織を強化することを活動方針の柱にした。高校無償化の朝鮮学校への適用、貨客船「万景峰(マンギョンボン)号」の入港禁止撤回などを求めていくことも盛り込まれた。

 大会は朝鮮総連の最高決定機関で、3年に1回開催。今回は地方支部などの代議員約2000人が参加した。

【関連ニュース】
帰国事業
熊本朝鮮会館:課税問題 総連県本部、減免継続を要望 /熊本
朝鮮学校

民主中心の政権のうちに理想の医療を実現(医療介護CBニュース)
口蹄疫「知事と大臣、腹を切れ」で市議ブログ炎上(読売新聞)
自民が官房長官に対北朝鮮対応で申し入れ (産経新聞)
<鳩山首相>贈与税3470万円を納付
時代劇の撮影できる? 町家の楽しみ(産経新聞)

「普天間」日米外相、防衛相会談へ…5月下旬(読売新聞)

 政府は、沖縄県の米軍普天間飛行場移設に関する対処方針に米側の理解を得るため、今月下旬に外相会談、防衛相会談を個別に行う方針を固めた。

 一連の会談で、現行計画を修正する移設案を軸とした対処方針に大筋で同意を取り付け、月内に閣議了解する方針だ。

 滑走路の工法などについては継続協議としたい考えだ。

 外相会談は日本で、防衛相会談は米国で行われる見通しだ。クリントン国務長官は21日にも来日する方向となっている。また、北沢防衛相は15日、長野市内での会合で、「場合によっては米国に行き、ゲーツ国防長官と最終的な詰めをしなければならない」と述べ、訪米する意向を示した。

 政府はワシントンで12日(日本時間13日)に行われた日米実務者協議で、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正して滑走路を建設する案と、鹿児島県・徳之島へのヘリコプター部隊移転などを組み合わせた最終案を米側に提示した。

 外相、防衛相会談で理解を得たうえで対処方針を閣議了解し、鳩山首相が約束した「5月末決着」の体裁を整えたい考えだ。

<もんじゅ>試運転で酸素濃度計が不調 故障の可能性(毎日新聞)
<雑記帳>「理容甲子園」出来栄え競う 和歌山(毎日新聞)
<パロマ中毒事故>対象製品所有者らに注意 消費者庁(毎日新聞)
山崎さん、16日に一時帰国=10日間滞在、千葉で報告会(時事通信)
鳩山首相、23日沖縄再訪で調整=普天間、政府案説明へ(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。